GORE-TEX outerwear product testing

    GORE-TEX アウターウェアのテスト

    GORE-TEX アウターウェアのテスト

    ゴアのジャケットや他のアウターウェアには、厳しいテストを行います。どの段階であれ、製品がゴアの高い品質基準を満たさなければ、試作段階に戻されます。

    マーチンデール磨耗テスト

    ファブリックにとって、とても厳しいテストです。製品の意図する用途と使用環境を再現するため、ウールまたはサンドペーパーを使い、相当の圧力を加えてファブリックを何度も擦ります。ファブリックに求められる堅牢性に応じて、何時間も休むことなく擦り続けます。ときには何日も。

    コールドフレックステスト

    コールドフレックス試験では、連続何時間も、極限温度下で GORE-TEX ファブリクスをねじりつぶし、再び引き伸ばすという作業を繰り返し実施します。ファブリクスが意図した用途に適切と認められるには、この過酷なテストに耐えなければなりません。

    レインルーム

    ゴアは社内にウェザーマシンを持っています。この高度な試験設備は、さまざまな雨天条件をシミュレートするよう設計されています。専用に設計した降雨機をルーム内に計画的に配置することで、小雨から暴風雨までに至るさまざまな気象条件でガーメントの防水設計を試験することができます。

    ストームキューブ

    ゴアはあらゆる風条件をシミュレートするために、非常に強い烈風さえもテストできるウェザーマシンを持っています。ストームキューブではボタン一つで 50mph の風を出し、全力で襲いかかる自然を想定した製品テストを行います。

    引張試験

    一連の厳しいストレッチテストでは、GORE-TEX ガーメントがどんな着用条件にも耐えられる強度を持っているかをチェックします。強度の確認のためには、ファブリクスを故意に割いて、それ以上割けることはないかもテストします。

    コンフォートテスト

    快適とは、暖かすぎることも寒すぎることもなく、身体が発する熱と失う熱のバランスが取れた状態を意味します。ゴアでは、ラボでの測定値と、試験担当者が感じた快適さを比較します。これにより、幅広い活動と条件下で最大限の快適性が得られます。

    Gore-tex Newsletter